初めての企業研修に関わりました

長くブログの更新が出来ませんでした。企業研修の手伝いをすることになって、また、わんちゃんの入院などもあって、忙しく過ごしていました。 起業して初めての企業研修でしたが、いくつもの複雑な事情が重なって、資料作成だけではなく講師も担当させていただきました。準備段階から内容構成や受講者参加型研修の進め方等いろいろ考えました。この過程で当該企業が有するいくつかの課題を把握したことから、その解決は社員と経営者にしかできないことを考慮して、受講者自身にこれら課題への「気づき」を得る、多くの「学び」の習得して、課題解決に向かい第一歩を踏み出せるような研修を心がけて、内容を企画し実また施したつもりです。しかしながら、準備期間が短かかったことや双方の経験不足などから、いくつかの課題を残した研修となりました。 今回の研修では、参加者の理解を深め「気づき」を増やし今後の成長に結びつけてもらうために、当該企業の実態に合わせたカスタマイズが絶対に必要と考えてプレゼン資料や作業シート、配布資料づくりを行いました。プレゼンには、パワーポイントを用いました。パワポやスクリーンの使用には、善し悪しの意見があると承知していますが、受講者が「今何をしているのか、すべきなのか、考えるべきなのか」「どの資料を見るべきなのか」等々を明示することや、時間の経過をアニメーションで示しながら説明した方がわかりやすいことなどを考慮して、パワポやスクリーンを使用しました。 また、内容やその展開だけを工夫するだけではなく、受講者同士が安心して話し合える場の設定や、狭い空間での意見集約、分かち合い等、さまざまに熟慮した上で効果のある研修を実行したつもりです。アンケート集計によって受講者側の意見がまとまれば、さらによい研修を目指して改善を加えたいと考えております。 なお、現時点での研修の評価に関しては、Q&Aにおける受講者の応答状況や、受講者間での話し合い状況、最後の分かち合いの中での発言等から考えて、研修の主たる目的は達成できたのではないかと考えています。ただし、上記したように、事前の打ち合わせをはじめ、内容・展開ともに問題がなかったわけではありません。これから、改めて、今回の研修における問題点、課題等を検証し、さらなる充実をはかっていく所存です。(6月23日加筆修正)

2016年06月16日