会社方針

会社方針

当社は、キャリア形成支援のプロフェッショナルとして必要とされている能力体系や倫理観に基づいたキャリアコンサルティングを志します。また、経営環境の変化や社会的な環境変化、人員構成上の変化のなかで、経営者と従業員がともに成長していくこと、個人が自己のアイデンティティに基づきキャリア形成していくことを支援します。

代表社員 市瀬 洋子
趣  味  キッチンガーデン(観賞と収穫の目的を兼ねる庭園) 読書 愛犬との散歩
座右の銘  一期一会
尊敬する人  マザーテレサ

CEO

プロフィール

【保有資格】
・2級キャリア・コンサルティング技能士(1級実技試験合格)
・国家資格キャリアコンサルタント
・CDA・ジョブ・カード作成アドバイザー
【略  歴】
・高校・大学における歴史教育
・キャリア教育(九州共立大学就職部長、経済学部長を歴任)等(約40年間)
・九州共立大学名誉教授
・路上生活者、生活保護受給世帯、障害者などへのキャリア・コンサルティング(退職後約4年間)
・フリーランスでのキャリア・コンサルティング事業(約7年間)
・平成28年6月キャリア形成支援の会社、合同会社ゴールデンベルズ設立
【得意領域】
・キャリア・コンサルティング、キャリア・カウンセリングに必要な専門的な知識やスキルに基づく指導
・一人ひとりの学習者に対する懇切丁寧な教育や指導
プロフィールの詳細はプレジデントバンクへ

挨 拶

皆様こんにちは!
「合同会社 ゴールデンベルズ」は、平成28年4月2日に起業した「キャリア形成支援ゴールデンベルズ」を廃業して、6月20に再出発したばかりの新しい合同会社です。旧会社名に掲げていた「キャリア形成支援」は、新しい会社でも引き継いだ支援業務で、会社業務の中核を示すことばです。“働くこと”や“生きること”と関わる、私たち人間にとってたいへん重要な意味内容をもつことばですが、まだ、国民に広く理解されているわけではありません。そこで、厚生労働省の報告書等に示されている定義を参考に、本ホームページで用いている「キャリア」や「キャリア形成支援」、キャッチフレーズで用いている「キャリコン」(キャリアコンサルティングの略称)ということばが指している内容をご説明して、ご挨拶にかえさせていただきます。まず、「キャリア」については、その人が生まれて以来身につけてきた知識・能力やさまざまの技能(スキル)であり、関連し合って担当する仕事やその任務において発揮され成長していくものととらえ、そのうえで、「キャリア形成」については、個人が関連した職務経験のつながりを通して職業能力をつくりあげていくことと考えます。したがって、「キャリア形成」のプロセスで人は、動機や価値観、能力を自分自身に問いかけながら、職業を通して自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、目標や理想を具体的に実現していくことになります。いいかえれば、仕事を通じ目的をもって生きていくことということにもなります。また、キャリアコンサルティング(キャリコン)とは、資格を有するキャリア・コンサルタントが、働き手が自分のスキルやキャリア形成における課題を認識して、キャリアプランの作成や見直し等を行うことを支援することを指しています。このような定義に基づいて、「合同会社ゴールデンベルズ」では定期的なキャリアコンサルティングを行い、企業様や個人様の「働くことに関するさまざまなお手伝い」を誠心誠意行いますので、どうぞお気軽にご連絡くださいますようお願い申しあげます。                                                     

所属団体

・キャリア・コンサルティング協議会 所属
・日本キャリア開発協会(JCDA) 所属
・日本EAP協会(Japan Employee Assistance Professionals Association) 所属
・福岡県中小企業家同友会 博多支部 所属
・福岡商工会議所 所属